乳酸菌の特徴いろいろ

乳酸菌の1日の摂取量

乳酸菌は身体に良い働きをしますが、乳酸菌を含む食品の一日の摂取目安量はあるのでしょうか。
適正な摂取量について、見ていきましょう。

摂取目安量は特にない

乳酸菌自体は人間の腸内に存在しており、食品から摂取する必要があるものではないため、全く摂取しない場合に栄養不足になることはありません。
また、乳酸菌を大量に摂取した場合でも、腸内で有用な働きをした後は、腸内にとどまることはなく排泄されてしまいます。
腸内で働く際にも、大量に乳酸菌が存在することで害になる副作用はまったくありません。
そのため、摂取過多による問題もありません。
しかし、乳酸菌を含む食品には他の成分も多く含まれています。
乳酸菌の摂取を意識するあまり、糖分や脂質の摂りすぎにつながる可能性があります。
コレステロール過多や肥満など思わぬ副作用につながることもあるので、食品としての適量摂取を心がけた方がよいでしょう。

毎日摂取することが大切

乳酸菌の効果を期待するのであれば、大量に摂取するのではなく、毎日継続的に摂取することが大切です。
食事から摂取した乳酸菌は腸内で有用な働きをしますが、排泄されてしまいます。
また、一度に大量に摂取しても、効果がすぐに出るわけではありません。
そのため、継続的に補うことが乳酸菌の働きの維持には必要なのです。

食後の摂取が効果的

乳酸菌は食品から摂取することができますが、多くの乳酸菌は消化の過程で胃酸により死菌となってしまいます。
食事前や食事中に摂取した場合は、胃酸の働きが活発なため死菌になりやすいのです。
そのため、乳酸菌を生菌として腸内での働きに期待する場合は、胃酸の働きが弱まるタイミングの「食後」に摂取するのがオススメです。

年齢を重ねると腸内の善玉菌の割合は減り、悪玉菌の割合が増えていきます。
善玉菌の割合が増えると悪玉菌は減る性質があるため、乳酸菌を大量に摂取するのではなく、継続的に摂取することを意識して善玉菌優位の状態を保つように心がけましょう。