乳酸菌の特徴いろいろ

植物性の乳酸菌

乳酸菌は多種多様な種類の菌が存在していますが、なかでも植物系の乳酸菌というものがあります。
同様に動物系の乳酸菌もありますが、どのように違いがあるのでしょうか。
また、植物系の乳酸菌はどのような特徴があるのか見ていきましょう。

植物系・動物系の乳酸菌とは

植物系・動物系と分類していますが、これは生物学上の正式な分類方法ではありません。
この分類方法は、乳酸菌が植物由来なのか動物由来なのかによって分類されています。
味噌や醤油・酒などの植物に由来する乳酸菌は植物系乳酸菌です。
一方、動物の粘膜や腸などの動物に由来する乳酸菌は動物系乳酸菌と便宜上分類しているのです。

植物系乳酸菌の特徴

動物系乳酸菌は栄養が豊富な環境で生育していることが多いですが、植物系乳酸菌はそれほど栄養が豊富な条件で生育できることはあまりありません。
それどころか、栄養が乏しい状況下で他の酵母やカビなどの生物と競っており、タンニンや植物アルカロイドといった抗菌性物質もある厳しい環境で生育しています。
そのため、動物系の乳酸菌に比べ、過酷な環境下で生育できる強い性質を持っているのが植物系乳酸菌なのです。

食物から摂取した乳酸菌は消化の過程で胃酸や胆汁酸で死んでしまうことが多く、腸内では死菌として善玉菌のエサになったり、腸壁を刺激して免疫系の強化に働きます。
しかし、生きたまま腸に届けば乳酸菌そのものが善玉菌として腸の働きを整える働きをします。
植物系乳酸菌は過酷な環境下でも生き延びやすい性質を持っており、胃酸や胆汁酸でも死菌になりにくい傾向があります。
そのため、生きたまま腸に届き、善玉菌として活躍しやすい乳酸菌なのです。
実際に、胃酸や胆汁酸を用いた実験で、植物系乳酸菌の方が動物系乳酸菌より生存率が高いという結果も出ていますよ。
また、乳酸菌はアレルギーを抑える効果が注目されています。
その中でも、動物系乳酸菌に比べ、植物系乳酸菌のほうがアレルギー症状に効くことがわかっています。