乳酸菌の特徴いろいろ

乳酸菌で腸の健康維持

腸の健康を維持していくためには、食物繊維を摂取して老廃物を排出しておくことが大事ですが、乳酸菌などの善玉菌を意識的に増やしていくことも大切です。
善玉菌を増やすことにより腸の健康をどのように維持していくのか見ていきましょう。

悪玉菌の繁殖を抑える

乳酸菌は腸内で働くと乳酸という酸性の物質をつくります。
この乳酸が腸内を酸性の状態に保ってくれるのです。
一方悪玉菌は有害物質をつくりだしますが、酸性の条件下では増殖しにくい性質をもっています。
乳酸菌が活発に働くことで悪玉菌の増殖や活動を抑えることができるのです。

消化・吸収を正常にする

乳酸菌が増えると、その働きで腸が刺激され、腸のぜん動運動が活発になります。
その結果、消化や吸収が活発に行われるようになります。
悪玉菌が増えると腸の活動は弱まりますが、乳酸菌が優位だと悪玉菌の活動を抑える効果もあるため、相乗効果で消化・吸収が促進されるのです。

老廃物や悪玉菌を排出する

消化が良くなることで、便が排出されやすくなります。
便の中には老廃物や悪玉菌も含んでいます。
便が長い間腸内に留まると、悪玉菌が活発に活動するようになり、有害物質がつくられてしまいます。
つくられた有害物質は腸壁から吸収され、身体にさまざまな悪影響をもたらします。
そのため、定期的なお通じは腸内環境の維持と健康のために大切なのです。
乳酸菌の働きでお通じがよくなると、老廃物や悪玉菌を排出するため、健康の維持が期待できます。

ビタミンを合成する

悪玉菌はビタミンを破壊する働きをしますが、乳酸菌などの善玉菌はビタミンを合成する働きをします。
ビタミンは食品からも摂取できますが、代謝に関わるビタミンB群は腸内でもつくられており、乳酸菌などの善玉菌がこの役割を担っています。
腸内の乳酸菌が働くとビタミンが活発に合成されるため、身体の調子を整える効果が期待できるのです。

いかがでしょうか。
乳酸菌はさまざまな側面から腸・そして身体の健康を維持しています。
乳酸菌を摂取したり増やすことは、健康の維持に役立つことがわかりますね。