乳酸菌の特徴いろいろ

乳酸菌でインフルエンザ予防

冬になると流行するインフルエンザ。
予防接種をすることが予防のための効果的な手段ですが、乳酸菌によっても発症しにくくなる効果が期待できます。
どのようなメカニズムで予防できるのか、見ていきましょう。

乳酸菌は免疫機能を高める

インフルエンザウィルスに感染しないようにするには、身体の免疫機能を高めておくことが必要です。
この免疫機能をコントロールしているのが、腸です。
腸には約70%の免疫細胞が存在しているのです。
乳酸菌が活発に働き、腸内の善玉菌が優位になると腸内環境が良くなるため、免疫機能が正常に働きます。
乳酸菌がつくる乳酸菌生産物質が小腸のパイエル板を活性化し、免疫力を維持するのです。
また、乳酸菌は死んでしまっても免疫力の維持に働きます。
乳酸菌を構成している菌体成分が腸壁を刺激し、腸内に免疫物質が分泌されます。
そのため、死菌となっても免疫力強化に役立つのです。

乳酸菌はNK細胞を活性化する

ウィルスに対する防御機能を果たすのが、NK(ナチュラルキラー)細胞です。
NK細胞は体内に侵入したインフルエンザウィルスを攻撃し、無毒化する働きをします。
NK細胞はウィルスだけでなくガンにも働きます。
健康な人でも毎日3000~6000個もの細胞がガン化していますが、NK細胞によってがん細胞の増殖が抑えられるために健康が保たれているのです。
乳酸菌は、このNK細胞を活性化する働きがあるのです。
インフルエンザウィルスに感染したマウスを用いた実験では、乳酸菌を与えたマウスは与えなかったマウスに比べウィルスの量が減り、症状も軽くなったという結果が出ています。
どの乳酸菌でもNK細胞が活性化するというわけではありませんが、ラブレ菌やR-1乳酸菌、プラズマ乳酸菌などがNK細胞を活性化させることがわかっています。

乳酸菌はインフルエンザ予防に効果が期待できますが、薬のようにすぐに効果が出るわけではありません。
乳酸菌自体も数日で排出されてしまうので、毎日継続して摂取をすることが大切です。